head.jpg(35466 byte)
bar.gif(741 byte)
platetop.gif(901 byte)
遠州トラックのホームページへ
静岡県トラック協会
ふくろい遠州の花火
豊田順介氏へ送るメッセージ
日本三百名山より
中国遠州物流
物流と豊田順介氏
遠州トラックの歩み
豊田順介ホームページのトップへ
地元を愛し、地域の活性化を願って行ってきた様々な活動

県トラック協会会長として、袋井商工会議所会頭として、そして地域を愛する一人の人間として、大きな功績を残しました。
バイパスの無料化が実現。トラック業界に朗報が走った。
静岡県の国道1号4バイパスが3月30日、完全無料化された。

「地域の交通渋滞・環境問題」の解消に向け、静岡県トラック協会会長(豊田順介)がけん引役として粘り強く「早期完全無料化」を国、国会などに訴え続けてきた努力が開花した。(2005年4月5日  新聞記事より)
10.jpg(16990 byte)
静岡県トラック協会会長として、地元の発展を願う者として、有料4バイパスの無料化運動を起こし、政治家への働きかけや、他業界を巻き込んだ署名活動など、先頭になって運動を推進してきました。

平成13年、県トラック協会では、バイパス無料化を求める総決起大会を開き、完全無料化により、
1.周辺都市環境の保全
2.交通渋滞の緩和
3.交通安全の確保
4.経済的効果が実現される   と主張。
n_1.jpg(22850 byte)
豊田会長は、「税金を効率よく使って、県民のためにぜひバイパスの無料化を実現してほしい」と呼びかけました。

その後、関連団体にも協力を呼びかけ、無料化推進委員会が発足。
「交通安全」「環境保全」をアピールする無料化推進委員の叫びは、地元住民の心に届き、集まった署名は、即座に56万人を超えました。

シンポジウムも交えた推進大会には、市民も積極的に参加するようになり、地域一体化の動きが強くなってきました。

12.jpg(10018 byte)
これらのトラック協会、無料化推進委員の活動、市民の願いが通じ、国と県が未償還部分を買い取る動きに拍車がかかり、当初の計画より13年も早い「完全無料化」の実現となったのです。
11.jpg(29222 byte)
Copyright©2006 Toyoda & Enshu Truck Co.,Ltd All Rights Reserved